野村総研が先日、マニア消費者層の調査を発表していました。
マニア消費者市場を新たに推計、04年は主要12分野で延べ172万人、4,110億円規模
〜「オタク層」を5タイプに分類、マーケティングフレーム新「3C」も提案〜

内容そのものはそんな感じかなと思った程度でしたが、因子の定義や類型化、フレームの作成などで参考になりました。
私は、「家庭持ち仮面オタク」ですかね。(^_^;)
野村総研の定義では、マニア消費者=オタクです。

この調査の内容をまとめた本が「オタク市場の研究」なのでしょう。
まだ中身を見てないですが、ちょっと内容が気になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です