xperia.png

© Sony Mobile Communications
MWC(Mobile World Congress) 2012開催前日にSony Mobile Communicationsが「Xperia U」と「Xperia P」を発表しました。CESですでに発表しているフラグシップ機「Xperia S」(日本ではXperia NX)と合わせてXperia NXT三兄弟。
(なんかSとかPとかUとかVAIOのシリーズ名を思い起こさせますね。Sony Tabletもか)


共にOSはAndroid 2.3(Android 4.0アップグレード可)、1GHzのデュアルコアプロセッサ搭載。
Xperia Uは3.5インチディスプレイ(854×480)と5Mピクセルカメラ(裏面照射型ではない)搭載で、Floating Prismが多色に点灯が可能。Floating Prism下が着せ替え式になっているそう。
Xperia Pは4インチディスプレイ(960×540)と8Mピクセルカメラ搭載で、SmartDockでHDMIとUSBを使った出力と周辺機器の接続が可能。RGB+Wの液晶で輝度の高い(消費電力の低い)WhiteMagic液晶を搭載。
コンパクトな形が魅力ですが、日本では発売されないのかな?
d-quad-4-120227120450.jpg

© Huawei Device
中国のHuaweiは、独自開発のクアッドコアCPU(K3V2)搭載の世界最速を謳うスマートフォン「Ascend D quad」を発表。クアッドコアのNVDIA Tegra 3比で約49%、グラフィックスは2倍以上高速だとか。

コメントを残す