DSC06402

ナノブロックアンバサダーのモニター企画第三弾「2020年TOKYOの町並みを作って東京ソラマチに展示しよう!」にも参加させて頂きました。
4/17(金)から4/23(木)まで東京ソラマチ5Fスペース634で開催されている「nanoblock AWARD2014-2015エキシビション」の会場に、私を含めアンバサダーの皆さんが作った作品が展示されています。

DSC06472
モニター用に頂いたnanoblockのパッケージはこの3つ。
一からオリジナル作品を造るのは難しそうなので、作り方の載っているものをベースにアレンジしてみることに。

DSC06399
リゾートコテージとビルの一部は上の子が、ひよこは下の子が作り方を見て作成しました。その他は私が作成。
SLは昔作ったものを追加してみました。
にわとりとひよこはスケール感がおかしいですが、それはそれで面白いかなと。

DSC06398
リゾートコテージは屋根を外すと中までちゃんと作ってあるのですね。
右手前のボートや橋?、左奥のビル屋上のヘリポートとヘリはオリジナルで考えて作成。なかなか思ったとおりの形にするのが難しいですが、それがまた楽しいですね。

DSC06471
今日はこの作品を持って、東京ソラマチへ。スカイツリーの周りはまだ結構桜が咲いていました。

DSC06466

DSC06406
何とスペース634の会場入ってすぐのところにアンバサダー作品を並べた街が飾ってあります。

DSC06464
私の作品も飾っていただきました。

DSC06463

DSC06462
さらにはこんなにすごいジオラマとか。

DSC06410

DSC06452
大きな真田丸なんかも飾ってありました。

DSC06442
そして、本エキシビションの目玉。nanoblock AWARD2014-2015の応募作品群が展示されていました。
No Limit部門のグランプリ作品「戦艦 扶桑」。大きさもすごいですが、ものすごい作り込みに感動しました。

DSC06440

DSC06439
他の作品たちも素晴らしい。こだわればここまで作れるのかと思いました。

DSC06434

DSC06461
この曲面も素晴らしいですね。

DSC06414

DSC06445
Under 200pcs部門グランプリ「納豆」。これも面白い作品ですね。

DSC06444
準グランプリ「スキューバ・ダイビング」

DSC06446
ソラマチ賞「ライン」

DSC06449
Under 200pcs部門は少ないピースで表現するからこそ、アイデアがより光りますね。
作品を作ってみたからこそ分かる、工夫やアイデアに感心します。

DSC06453

DSC06459
MOTION部門は映像で動きを展示。

DSC06431
MOTION部門 優秀賞「Nano☆Universe」

DSC06456
nanoblock+部門グランプリ「紫陽花」

DSC06408
本当に色々な作品が数多く展示してあり楽しめます。さらにnanoblockのパッケージ製品の展示や販売。試作体験もできます。会場限定販売のnanoblock販売やくじなどもありました。(販売、体験は4/19まで)
nanoblockに興味がある方はぜひ東京スカイツリータウン東京ソラマチへ行ってみてください。
nanoblock AWARD 2014-2015 EXHIBITION!

1 のコメント

  1. ピンバック: ひとつぶのブロックが織り成す無限の可能性 | ブロガーセレクション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です