HTC U11の製造ラインを見学 人による組み立てとロボットによる徹底したテスト #HTCグローバルレポーター

P5150234

HTC サポーターズ クラブの企画で、HTCグローバルレポーターとして、新フラッグシップスマートフォンHTC U11の台北での発表会に参加した際に、桃園市にあるHTCの工場見学もさせていただきました。旧HTC本社なのだとか。

P5150248
工場に社外の人が入るのはキャリアの監査の時ぐらいで、メディア・ファンへの公開は今回初の試み。
写真撮影できたのは外観と受付だけ。あとは、HTC社より提供された写真です。写真はメディアとして同行された山根博士。

4_Unique mainboard testing machinery self-developed by HTC
実は新製品発表前なので既存製品の製造風景を見学するのだと思っていたのですが、見学したのは新製品のHTC U11の製造ラインでした。
基盤を製造で部品が配置されていくあたりはほぼ機械化されています。人の目で見ている部分もあります。

5_Completed mainboard delicately handled by the mechanical arm

6_Production line
製造された基盤は自動的にテストされます。

7_Assembled phones identified by the machinery using QR codes
組み立ては意外と人手でやられている部分が多かったですね。10名ほどのオペレーターが3工程ぐらいずつ、作業を実施していきます。配線などは人がやるほうが効率が良いとか。振動テストや防水テストなんかもやってました。
そしてスマートフォンの各機能のテストは機械で実施していきます。最終的には人の手で、手触りや傷の有無などもチェック。
最終的にIMEIなどが書き込まれ、パッケージングされます。最終的には重量を測り、パッケージの中身の間違いなども防止。

8_Fully decked HTC U11 box with accessories
一度パッケージングされたもののうち10%を抜き取り、完全に人手で動作をテスト、ファイナルチェックをします。

しっかりとテストやチェックを繰り返して、品質を高めようとしている努力が良くわかりました。実は、日本のキャリアの監査が最も厳しく、それをパスするためにはこれくらいの品質管理は必要なのだとか。

P5170712
これが完成したHTC U11のパッケージ(グローバル版)です。

P5170714
蓋を開けたところ。

P5170716
このような中身になっています。

P5170722
透明なカバーが付属しています。

P5170724
カバーを付けると背面の美しさは少し減るものの指紋は気にしなくて良くなりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Captcha * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.