P6070014

iOSアプリで音やボタンの動作を自分好みにカスタマイズできるスマートイヤホン「RAYZ」をレビュー用に頂きました。ワイヤレスではなく有線タイプのカナル式イヤホンで、Lightning端子とUSB-C端子のモデルがありますが、Lightning端子搭載の方です。
iPhoneやiPad(Lightningモデル)に接続して、音楽や動画を楽しめるのはもちろん、マイク付きなのでテレワークや遠隔学習でも活躍しますね。

DSC06944

赤色が特徴的なパッケージ。

DSC06959

イヤホン本体の他に、3サイズのシリコンイヤーチップと2サイズのシリコンイヤーフィン、クリップが付属しています。
イヤホンは編組ケーブルで絡まりにくくなっており、コントローラーとマイクが付いています。

DSC06963

さらに持ち運び用のシリコン保護ケースが付いています。

DSC06962

イヤホン部分は背面がマグネットでくっつくようになっており収納しやすいですね。

DSC06966

コントローラー部にはボタンが4つ付いてます。ボリューム「+」と「ー」、再生・停止・次曲(2回クリック)・前曲(3回クリック)のボタンの他に「≡」のボタンが付いてます。「≡」のボタンはアプリでカスタマイズできるボタンです。

DSC06969

iPhone, iPadに接続すれば、そのままイヤホンマイクとして使うことができるのですが、このイヤホンがスマートイヤホンなのは「RAYZ」アプリでカスタマイズできるからですね。

IMG_7679

アプリをダウンロード・起動して、RAYZを接続します。

IMG_7680

ソフトウェア・アップデートがあればこのアプリでアップデートできます。

IMG_7682

そして、一番の特徴は自分の聴覚に応じて、音を調整することができること。音量を最大にして、聴覚テストを行います。

IMG_7684

左右それぞれ12種類のトーンを聞いてギリギリ聞こえる音量を設定していきます。少し時間がかかりますが、これで自分の聴覚に合わせた音を鳴らせるようになります。

IMG_7688

これにさらにイコライザをかけることができます。
設定>ミュージック>イコライザなどはオフにしておいた方が良いです。

IMG_7687

「≡」ボタン(スマートボタン)の動作の設定もこのアプリで出来ます。1回クリック、2回クリック、長押しの動作を「ミュージックを開く」、「マイクミュート・ミュートオフ」、「電話アプリを開く」、「割当なし」から選ぶことができます。もっと自由度あればより面白いかも。

DSC06970

いろいろな音楽を聴いてみたところ、なかなか良い音がしますね。遮音性が良く、低音も高音もしっかりと聴こえますしバランスも良いです。特にボーカルやアコースティックがなかなかよく伝わってきます。
動画を観るのにも良いですね。ワイヤレスイヤホンと違い遅延もないですし、バッテリー切れの心配もないですしね。

P6070002

オンラインミーティングなどでも有線の方がトラブルも少なくて安心です。
マイクもしっかり音を拾います。スマートボタンでマイクミュートできるのも便利です。

P6070004

iPadではより大画面でオンラインミーティングができますね。普段はPCでWeb会議を行っているのですが、iPhone/iPadでもできそう。

P6070006

子供はiPadを使った遠隔学習などをやっているのですが、音を聴いたり発声したりするのもあるので、学習にも利用できそうです。

P6070014

アプリで自分の聴覚に合わせた音の設定ができたり、ボタンをカスタマイズできたりするスマートイヤホン「RAYZ」。なかなか使い勝手がありそうです。