P3250001
気にはなっていましたが、前回は見送った週刊ロビ。再刊行版が出たということで、思い切って定期購読を申し込んでしまいました。


P3250003
しかし、気になるのはその価格。前回は特別なパーツがある号の価格が決まっていませんでしたが、今回は明示してあります。税抜きで下記のような価格になるらしい。
創刊号 752円
49号 3,800円 (マイコンボード)
62号 2,848円(人感センサー1)
63号 2,848円(人感センサー2)
67号 3,800円(音声認識ボード)
その他 1,895円 (x 65回)
合計 137,223円
税込みだと15万近くになりそうですね。作りながらロボットの構造も学べるし、結構できも良さそうなので、がんばってみたいと思います。
作り方もサイトに動画まであって分かりやすいですね。
ドラえもんを作るのが夢の上の子も興味津々なので一緒に作ろうかと思いますが、壊されないようにしないとw

2件のコメント

  1. ピンバック: RoBoHoN /laundroid ORIZURUなどロボットが見せる未来 CEATEC 2015 | Digital Life Innovator

  2. ピンバック: デアゴスティーニ ロビ | Digital Life Innovator

コメントを残す