0U5A5449
先日のヤマハ発動機のヤマハマリン体験会でレンタルボートで楽しむ川や海から眺める都会の風景を楽しみましたが、こういった楽しみ方を提案し、免許の取得のサポートから手軽に楽しめる機会の提供などまでトータルでボートレジャー文化を育てようとしているのがヤマハ発動機。ちょうどバイク教室をやっていたり、ヤマハが音楽教室をやっているように。
ボートが大好きなスタッフからヤマハ発動機の取り組みをお聞きしました。


0U5A6062
ヤマハ発動機が設立された1955年の2年前、創業者川上源一氏は約3ヶ月の欧米視察旅行へ行ったとき、米国のマリンレジャー文化に触れ、日本にもこうした光景が見られる時代がくると確信。自らもマリンレジャーの本質を知るためにはナマコでヨットを楽しんでいたが、舶来の船外機の故障の多さに辟易。二輪車エンジンを手がけているのだから船外機もできるに違いないと1957年船外機の事業化を決定し、開発を指示したのだとか。
また、1958年カタリナレースを視察した時に、アーチェリーやボートがプラスチック製であることに驚き、即座にFRP(ガラス繊維強化プラスチック)の研究を指示。ボートやプールの開発につながったそう。
0U5A6072
このような背景でヤマハ発動機のマリン事業は、小型エンジン技術、FRP技術、制御技術をコアとして、ボートの船外機、ボート、水上オートバイ、スイミングプールなどに広がっているそう。詳しくはマリン事業50周年記念コンテンツで。
0U5A6073
現在、船外機、水上オートバイは世界シェアNo.1、ボート、FRPプールは日本シェアNo.1らしいですね。プールは意外でしたが、今スクールプールの半分弱がFRP製で、その90%強がヤマハ製なのだとか。
0U5A6078
ボートは結構なお値段がするので、ボートでのクルージングというのはお金持ちのレジャーというイメージを持っていましたが、より手軽に楽しめるようにヤマハ発動機はSea-Styleという会員制レンタルボートサービスを行っているそうです。
0U5A6084
全国で約140ヶ所のマリーナで利用可能で、ハワイでもレンタルできるそう。
0U5A6086
初心者でも安心して使えるように、GPSナビ付き、ボート保険加入済。レンタル用品も多数あり、手ぶらで利用可能。各種スクールもあるので、操船が不安でも大丈夫とか。
0U5A6082
さらにレンタルできるだけでなく、遊び方まで踏み込んで提案。様々な海遊びプランを展開しているそうです。
0U5A6083
ちなみに休日の東京リバークルーズの場合、ボート利用料が10300円、燃料代が4000円で、5名で利用した場合、一人当たり2860円とかなりお手頃な価格で楽しめるそう。
(Sea-Styleの入会金21600円や月会費3240円が別途かかります)(2014.11現在)
0U5A6088
水上バイクだけを借りたいという人には、月会費が1620円のSea-Style JETというのもあるそう。こちらは全国20ヶ所で利用可能。
0U5A6090
もちろん操船にはボート免許が必要。外洋に出るには1級が必要だけど、普通の用途であれは2級で十分とか。
0U5A6091
2級免許を取るには、学科講習1日、実技講習1日、国家試験1日の3日間で取得できるのだとか。しかも合格率はかなり高い試験だそう。
0U5A6093
学科講習をeラーニングでPCやタブレットとかで行えるスマ免コースなんてのもあります。こちらだと2日間、さらに実技講習と国家試験が同日になる1日で取得可能なコースなんてのもあるそう。
ちなみに免許取得にかかる費用は、国家試験関連が34180円、受講料がレギュラーコースで64820円、スマ免コースで54720円(2014.11現在)
0U5A6052
美味しいランチをいただいたから言うわけではありませんがw、ボートレジャーが意外に手軽に近くでも楽しむことができることが分かりました。これは知らない人が多いんじゃないかな。
ブロガーマリン体験会第1弾に参加したブロガーの知り合いも続々取得したりしていますね。私も取ってみようかな。
0U5A5439
最後にヤマハで見せていただいた最上位クラスのプレミアムボートEXULTの写真を掲載しておきます。こんなボートに乗れたら良いですね。
0U5A5432
0U5A5397
デッキには釣りを楽しむ椅子が。
0U5A5418
デッキから操船も可能になっています。
0U5A5417
中はこんなに豪華。
0U5A5416
0U5A5405
0U5A5407
ベッドも大きいですね。外も見えます。
0U5A5408
もう一つベッド。
0U5A5412
トイレももちろんあります。
0U5A5398
0U5A5425
2Fの操船席
0U5A5427
0U5A5423
その前には前方を眺められるソファーも。
0U5A5393
スクリューはこんな風になっているのですね。
暮らせそうなくらい豪華なこのボートのお値段は、7840万ほどでした。これも2級免許で操船できるそう。
誰か買って乗せてくださいw
ヤマハ発動機、AMN、参加ブロガーの皆さん、ありがとうございました。

コメントを残す