P2060047
先日のCANON EOS M3モノフェローズイベントでの伺ったこだわりやデザインについて書きたいと思います。試作機で撮影してみた写真例はこちらの記事で。(本記事にもEOS M3試作機で撮影した写真が含まれていますが、すべて80%縮小したものになっています)

17883-393-295405


DSC05385
EOS M3のターゲットは旅先にも気軽に持ち出せるレンズ交換式カメラを求める一眼レフユーザーや旅の写真をもっとキレイに残したいレンズ交換に憧れを抱くデジタル一眼初心者(40歳以上の男性)らしいです。デザイン上も本質・モダン・上質・モノへのこだわりのある一眼レフでも満足できないこだわりユーザーを想定し、いつでも持ち歩けて撮影プロセスがしっかり楽しめることを目指したそう。
DSC05387
DSC05397
今回のデザインで特にこだわったのがホールドの良さだそう。EOSホールディング思想である流体造形のグリップを採用。
DSC05405
握り心地の良さを追求するため3Dプリンタで作成したモックで試行錯誤を繰り返し、形状を決定。
IMG_0074
実際に作られたモックの一部。
DSC05400
上面にモードダイヤルや露出補正ダイヤルが付いて使いやすくなっています。レリーズボタンのまわりと背面にコントロールリングがあるのもポイント。
ファインダーEVF-DC1を覗きながら操作するような一眼レフスタイルでの撮影も可能。
DSC05401
さらにレリーズボタン周りは一眼レフのように斜めにカット(EOSカット)されており、シャッターを切りやすくなっています。
P2060062
DSC05396
光軸にこだわったEOS同様に光学ユニット、タッチLCD、アクセサリーシュー、三脚座を光軸上に配置しています。
IMG_0076
DSC05394
特に初めから意識していたわけではないそうですが、こういうEOSで培ったこだわりを取り入れてデザインした結果、黄金比な美しいプロポーションになったのだとか。
DSC05411
GUIもEOSを意識。
DSC05412
さらにタッチで操作しやすいようにしたとか。
P2060070
P2060049
バリアングルにも対応。
P2060058
自撮りもできます。
DSC05335
機能面での一番の変化はAF速度の向上。EOS M2比で最大約3.8倍、EOS M比で最大約6.1倍高速化されたそうです。
DSC05340
その高速化を実現したのがハイブリッドCMOS AF III。位相差AFの精度を高めることで、シーンによってはコントラストAFの併用なしで、位相差AFのみでの合焦が可能になったそうです。
P2060059
DSC05336
DSC05341
DSC05355
一眼ユーザに使いやすくするだけでなく、初心者へも配慮して、クリエイティブアシストという機能を搭載したそう。専門用語を使うのでなく、どのような画作りをしたいのかを分かりやすい言葉でサポートしてくれるみたいです。
P2060061
DSC05359
その時の設定を確認したり、SDカードで設定をコピーしたりすることができるそう。
DSC05361
動画もMP4記録対応。マニュアル設定やタッチAFでの本格的な動画撮影が可能とか。
DSC05362
無線LANとNFCに対応し、スマートフォンだけでなくコネクトステーションCS100で画像保存したりテレビで観賞したりできるそう。
P2060064
DSC05416
カラーはブラックとホワイト。
P2060042
ホワイトモデルに合うシルバーのEF-M22mm F2 STMも登場します。
DSC05419
専用アクセサリーとしてダークブラウンに明るいステッチをあしらったボディジャケットとネックストラップも発売されます。
DSC05421
P2060066
限定発売 25,000台のEOS M3 EVFキットも発売予定。
IMG_0100
さらに先着5,000名にアクセサリーセットをプレゼントするキャンペーンも行われています。レンズキャップケースはキャンペーンオリジナルらしいです。買うかもという人はまずエントリーを。
コンパクトさの追求で操作感等を少し犠牲にしていたEOS M/M2に比べ、コンパクトさを少し犠牲にしつつも操作性を向上し、一眼レフユーザーが満足するような作りにしたEOS M3。ホールド感も良く使いやすくなったと思います。
キヤノンマーケティングジャパン、キヤノン、WillVii、モノフェローズの皆様、ありがとうございました。
Amazon: Canon ミラーレス一眼カメラ EOS M3 ボディ(ブラック) EVFキット EOSM3BK-BODYEVFK

17883-393-295405

コメントを残す