20150510_172702

先日、二子玉川のNICO KITCHENに行った時、話題の「蔦屋家電」にも立ち寄ってきました。

20150510_154959
開業したばかりの二子玉川ライズ・ショッピングセンター・テラスマーケットに5/3(日)にオープンしたばかりのTSUTAYAが手がける新業態「蔦屋家電」、“ライフスタイルを買う家電店”がテーマだそう。確かにライフスタイルを提案するようなお洒落なインテリアと家電の組み合わせが特長ですが、個人的にはこれはAmazon等のネット書店に対抗する本屋の新しいあり方の提案だと感じました。

家電店としては価格よりもデザイン性や話題性に特化した品揃えで、あまり量販店ではなかなか売れなさそうな高級品とか、ウェアラブル、ロボット、ドローンなどなど今話題の製品を取り揃え、見たこと無い商品も多数。こんな商品もあるんだと楽しめますが、あまり売り込もうという雰囲気でないので家電がこれで売れるのか心配になるような感じw。でもショールームとして捉えればなかなか良いアピールや出会いの場かと思いました。

ちなみに、エリア毎にコンシェルジュさんがいらっしゃっていろいろ聞くこともできます。なかなかマニアックな品揃えなので、コンシェルジュさんもかなりの知識の模様。
写真コーナーでスタッフをされていた知り合いの方に聞くと、実はここでしか買えない限定品なども企画・販売しているとか。PORTERのカメラバックとか、キャンバスや木に写真をプリントしてプレゼント品とするサービスとか紹介していただきました。聞いてみると新たな発見があるかも。

20150510_173946
家電はあくまでも一部で、ライフスタイルというかちょっとお洒落な生活を擬似体験できるような空間。それをさらに楽しくするのが沢山用意されている書籍とコーヒーやビールなどの提供。沢山配置された椅子はもちろん、インテリアの一部でも、店内どこでも売り物の本を読んだり、コーヒーやクラフトビールを飲んだりもできます。図書館のように静かではないですが、気兼ねなく話したり本を楽しむことができる空間としても良いですね。店内で勉強している学生なども何人もいました。
普通の書店のようにその場で読むのが禁止ではないので結構な時間を過ごすことが可能。本や家電、インテリアなどとの出会いがある場として時間を過ごして、その感謝の気持ちがそこで本や家電などを買う理由となるような気がしました。特に本は。

今は入場制限がかかるほど人が多いので、席があまり空いていなく、ちょっとゆっくりできない感もありますが、ある程度落ち着いたらさらに良さそうです。
あと、写真撮影が禁止されているのが少し勿体無い感じ。話題となりそうな商品なども多いので、書籍内部や顧客を除いて撮影可になるとショールームとしての効果も高まりそう。

20150510_155604
ちなみにテラスマーケットはルーフガーデンなどもあり、こどもたちも楽しめそう。確かにこういう場所には既存の家電量販店よりも蔦屋家電のようなテーマパークの方が似合うと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です