SFに良く出てくるけど、空中に映像を投影ってできないかな。
空中に反射可能な粒子(水蒸気など)を充満させ、レーザを干渉させればできないかな?
などと昔考えたりしていたものですが、実際に空中に映像投影するシステムはすでに実用化
されているようですね。(かなり前に話題になったみたいだけど、知らなかったので。)
» 空中に画像を投影するシステムの製品化を目指す2つの企業

FogDSCN3536.JPG.jpg

FogScreen社のFogScreen Inia
映像:FogScreen Inia video, the new FogScreen Inia with Interactivity Set
こちらは分かりやすい。空気で固定された霧の幕にプロジェクタで映像を投影しているという物。滝に映像を投影するってのはよく見るけど、それと同じ原理ですね。1台あたり11万ドル!?(上記記事より)

car-helio-small.jpg

IO2 Technology社のHeliodisplay
映像:Interactive Product Advertising, Medical Advertising Simulation,Military Defense Applications
こちらはもっとすごい。空中に拡散した水蒸気(空気?)の層に映像を投影するだけでなく、かざした手で操作まで可能です。
原理は良く分かりませんが、すでに製品販売されているみたいです。ここによると18,600ドルとか。
もっと低価格で高解像度になれば、様々な応用が考えられ、ユーザインタフェースが大きく変わるかも知れませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です