P1080376.JPG
VAIO type PのWindows Vistaは立ち上げに時間がかかるだけでなく、立ち上がった後しばらく重い状態が続くのでほとんど使い物にならずMac OS Xを使っていたわけですが、なぜか今頃Window 7 Home Premiumをゲットしたのでインストールしてみました。
Vistaを上書きインストールしてもパフォーマンスが悪いままでクリーンインストールが吉とのことだったので、Vista領域をフォーマットしてクリーンインストールしてみました。


P1080375.JPG
インストール自体は非常にあっけなく完了。インストール時に無線LANを認識して、設定するとドライバ等を適用してくれるので、インストール完了時点でデバイスマネージャのエラーはなし。この状態でも使えます。
サプリメントディスクは持ってないのですが、先日ソニーのHPで公開されたWindows 7用ユーティリティから必要なものをインストール。
さらに、こちらの方法でリカバリーディスクより抽出したインストーラーから付属のアプリなどで必要なものをインストール。
特に面倒なことをしなくてもほぼ問題なく使えるのがXPよりも良いところ。パフォーマンスはXPに負けますが、Vistaよりはかなり改善され使っても良いかなって感じです。
グラフィックドライバが更新されたからかAEROも使えます。半透明表示は切りましたが。
ということで、Window 7とMac OS X Snow Leopardのデュアルブート環境に。時間のずれはこのようにして直すことができます。

1件のコメント

  1. 私もクリーンインストール、クラシック表示で使ってます。^^
    VISTAの時よりも「もっさり感」が少なくなって良い感じです。
    バッテリの持続性も良くなったと思います。
    リンク先も参考になりました。有難うございます。

コメントを残す