galapagos.jpg

シャープが電子書籍配信サービスGALAPAGOSを12月に開始すると発表しました。
その名前が話題になってますが、料金や内容の詳細は不明。新聞や雑誌、書籍など約3万冊のラインナップを予定しているとか。
5.5型(1024×600)のディスプレイを搭載したモバイルモデルと10.8型(1366×800)のタブレットのホームモデルの2種類のAndroid搭載の専用端末メディアタブレットが発売される予定。WebブラウズやSNS(mixi)にも対応するらしい。
欧米進出も考えているようですが、XMDFフォーマットとか日本語特有の書籍表現技術ばかりアピールしていて大丈夫なのか?コンテンツ料金は今までのメディアとそれほど変わらないだし。
日本発のガラパゴスにがんばってほしいです。

コメントを残す