P1100054.JPG
Xperiaのアップデートがきましたね。残念ながらまだAndroid 1.6のままですが。
spモード対応のためのアップデートかと思いましたが、その他も少し改善されています。


P1100059.JPG
まずspモード対応ですが、APN設定(アクセスポイント)のところで、初期設定にリセットを選択すると、
P1100060.JPG
spモードの選択肢が出てきます。
spモードはスマートフォンでインターネット接続と@docomo.ne.jpのiモードメールアドレスが使えるようになるサービス(その他コンテンツ決済などもあり)です。
今までインターネット接続はmopera U(ライトプランで月315円、スタンダードプランで月525円)、iモードメールはiモード(月315円)とiモード.net(月210円)とIMoNiなどを使ってを見ていた人は、それらをひっくるめて、spモードの月315円ですんでしまうかも知れません。SIMカードを差し替えて普通の携帯も使いたい人はiモードはそのまま残しておいてもISPセット割で月315円ですみます(mopera Uとiモード.netを解約)。
ただし、spモードでは3G回線が必要で無線LANではつかえなかったり、mopera Uスタンダードプランにはオプションサービスもあったりするので、注意が必要です。
(追記)9/2にspモードを契約してmopera Uとiモード.netを解約しました。ドコモショップに行きすぐできましたが、9/1はかなり多かったそうです。
iモードとspモードはそれぞれ個別の@docomo.ne.jpのアドレスが使えて、それを簡単に交換できる仕様になってます。携帯とスマートフォンを交換する毎に切り替えても良いし、それぞれ別のアドレスで使っても良いって感じですね。
まあ、すでにGmailの方がメインになって、iモードメールはほとんど使わないのですが。
P1100061.JPG
あとバックアップと復元というアプリも追加されています。
P1100062.JPG
システム設定やブックマーク、メッセージ、通話履歴、連作先などの情報をSDカードにバックアップを取ることが出来ます。定期実行も可能になってます。
P1100058.JPG
ただし、このバックアップと復元のプロセスを停止すると3G接続が切れたり不具合が発生するらしいので、タスクキラー系ソフトから自動停止対象にならないように設定する必要があります。
P1100066.JPG
POBox Touchもプラグイン対応され、様々な入力用のプラグインがAndroid Marketにあったりします。
P1100068.JPG
さらに、英文の予測変換のときに自動的に挿入されていたスペースを入れるかどうか設定できるようになりました。スペースが勝手に挿入されるのは不満だったので良いですね。
P1100069.JPG
数字入力のキーも大きくなってます。
P1100070.JPG
もうひとつWOSIMでSIMカードなしで運用できていたのが、アップデートしても可能なのか少し心配でしたが、問題ありませんでした。

コメントを残す