P1000081.JPG
AndroidのGoogle Mapsアプリがバージョンアップして5.0になりました。
Android2.0以上では、3Dベクター表示やオフラインキャッシュに対応しているのが特徴です。地図がベクターグラフィックになったことでデータ量が100分の1近くになりより広い領域をキャッシュでき、拡大縮小にも対応するらしい。
実際に試してみるとちょっと地図の読み込みに時間がかかるのが気になりますが、一度読み込むと拡大縮小もスムーズです。コンパスアイコンを押すと向いている向きに回転するのも面白いです。(コンパスを使ったMapの回転はすでにiPhone版ではありますが)
2本指で回転することもできるそうですが、Xperiaでは出来ませんでした。
(追記)今日アクセスするととっても速かったです。初日でサーバが混んでたのかな。3G通信できない地下鉄で確認するとかなり広い範囲でキャッシュできているようでした。


P1000084.JPG

コメントを残す