DSC_9033
西表島でジャングルクルーズを行った後、探検隊はバスで由布島(ゆぶじま)入口へ。
由布島は西表島沖合400mのところにあり、西表島の与那良川から流れ出た砂が堆積して出来た小さな島。その間の海はとても浅いので水牛車で渡ることができます。この水牛車が浅瀬を渡る光景見たことあります。


DSC_9011
DSC_9014
水牛車に乗り込みます。1頭で15〜20人ほども引っ張ります。
DSC_9039
本当にたくさんの水牛車が往復しています。
DSC_9042
水牛も何度も往復させられて大変そうです。
家のある方には喜んでものすごい速さだが、反対側に行くのはしぶしぶということもあるそう。
DSC_9043
三線の唄を聴きながらのんびりと。
DSC_9047
由布島に到着。
DSC_9058
水牛のアイドルあんずちゃん。
DSC_9187
由布島の水牛はもともと台湾から連れて来られた「大五郎」と「花子」のひとつがいの水牛が繁殖して現在に至るそう。家系図もありました。
DSC_9189
水牛の池
水牛たちが休憩していました。水牛の親子も。
DSC_9191
水牛は水牛車を引くために2歳からトレーニングを始め、3歳頃から本格的に車を引っ張るようになるそうですね。
DSC_9061
由布島は全体が亜熱帯植物園になっています。
DSC_9063
ちょうどお昼でお弁当を頂きました。
DSC_9099
蝶々園では、オオゴマダラを中心にかなり沢山の蝶々が飛んでいました。
DSC_9087
オオゴマダラは日本最大の蝶だそうです。
DSC_9096
DSC_9098
DSC_9101
DSC_9093
黄金のさなぎを発見。
DSC_9095
オオゴマダラのさなぎは見事な金色をしています。
DSC_9094
こちらは羽化したところのオオゴマダラ。
DSC_9105
DSC_9114
DSC_9123
貝の館
DSC_9124
マンタの浜
DSC_9125
走り出す子供たち
DSC_9141
DSC_9132
ヤドカリなんかもいました。
DSC_9115
椰子の木がいっぱいあります。
台風による高潮で大きな被害を受けた由布島からほとんどの住民が島を出たが、島に残った西表正治おじぃが「南国の楽園」を夢見てヤシを植え続けたものだそう。
DSC_9143
なんか気配を感じたので見てみると大きな鳥が歩いていました。
DSC_9145
なんていう鳥だろう?
DSC_9147
DSC_9160
ブーゲンビレアガーデン
DSC_9162
子供たちは花よりブランコや人間ロープウェーに夢中でした。
DSC_9175
オオベニゴウカン
DSC_9177
ハイビスカス
DSC_9184
マングローブの中を散歩できます。
DSC_9181
しじみやヤドカリ
DSC_9182
カニもいました
集合時間間際だったのでゆっくり見れませんでしたが、ここも面白そう。
由布島はいろいろな要素が詰まった場所で興味深かったです。
DSC_9207
再び水牛車に乗り西表島へ。
DSC_9210
西表島から由布島へつながる電柱も面白い。
DSC_9231
このあと、西表野生生物保護センターへ。
西表といえばイリオモテヤマネコですが、その生態などについて詳しく紹介されています。
剥製や骨格なども展示されていました。交通事故で亡くなるイリオモテヤマネコも多く、その対策も取られているみたいですね。
DSC_9230
その他の西表の野生動物の剥製なども沢山展示してありました。
DSC_8996
バスの車窓からは牛やヤギなどが見えました。
DSC_8998
DSC_9008
イリオモテヤマネコを轢かないように注意を促す看板も。
DSC_9254
船で石垣島に戻り石垣島マカロンを頂きました。なかなかおいしいマカロンです。
これで一旦解散ですが夜に続きます

コメントを残す