思いついたらペンを抜け by 山根博士 Engadget Galaxy Note8 降臨祭 #GalaxyNote8 #fes

PA280364

Engadget Galaxy Note8 降臨祭の日本一Galaxyを知る男こと、糸櫻幹雄氏のプレゼンのあとは、世界一Galaxy Noteが好きな男、携帯電話研究家の山根博士のプレゼンです。

PA280283
Galaxy Note8がなぜ8か?今までNoteシリーズが8機種発売されたからというのが山根博士の説。

PA280296
Noteシリーズの愛用者で取材にNoteシリーズは欠かせない。キーボードじゃなくてペンで書けるのが良い。

PA280299
これにはEngadget日本版編集長の矢崎飛鳥氏も同意。
スマホを弄っていると話を聞いていないように見えるが、Noteを使ってペンでメモしていると真剣に聞いているように見える。

PA280302

PA280303

PA280305
Note Edgeはボロボロになるまで使ったので、3年ぶりのNoteシリーズの日本上陸は待ち遠しかった。

PA280310
6.3インチの大画面に、3つのウィンドウを開くことができる(マルチウィンドウ+フローティング機能)。

PA280311
Sペンは最高。ペンを抜くだけで書ける黒板機能(画面オフメモ)も最高。

PA280317
エアコマンドもルーペや翻訳など使える。

PA280319
ライブメッセージは難しいことを考えず使えば良い。写真に言いたいことを直接的に書き込める。

PA280321
人物を撮影する場合はライブフォーカスで撮っておけば、やっぱり引きの写真の方が良いという場合にも広角の写真が使える。

PA280324
DeX Stationとキーボード、マウスも持ち歩いて、ホテルの部屋に入ったらとりあえずDeX Stationをつなぐようになった。

PA280326
今年は海外生活がすでに208日になっているが、Note8があれば海外でも快適に生きていける。

PA280330
定規機能は見つけた小さな携帯端末のインチ数を測るのに使った。

PA280332
App Pairでは下記のような使い方をしている。
ギャラリー+カメラは、写真を撮ったらすぐに写真の写りを確認できる(タップしないと更新されないが)。
Chrome+ブラウザは、ブックマーク等が共有されているChromeを使って、更に調べたくなったことをSAMMSUNGブラウザで調べられる。
GalaxyNote+Evernoteで画面オフメモでメモした内容をEvernoteに書き写して共有。

PA280333
海外のコミュニケーションツールとして筆談に使ったり、
取材の記録ツールとして、メモしたり書いてもらったり、
日常のアイデアツールとして、画面キャプチャをシェアしたり、
Note8なしでは生活できない(かも)

PA280335
Note8のライバルは他のスマホではなく、文房具やペン入力するデジタルツールなど。

「思いついたらペンを抜け」という名言も飛び出し、山根博士のNoteシリーズへの熱い思いが伝わるプレゼンでした。

PA280371
実際私も触ってみました。
日本で発売されているのは、ミッドナイトブラックとメープルゴールドの2色。
カメラはかなり大きいですね。カメラの横には指紋センサーがあります。

PA280367
画面が6.3インチなのでかなり大きいですが、縦長かつベゼルレスで横幅は約75mmで意外に握りやすいですね。
有機ELで1440×2960の画面はとても綺麗です。

PA280364
やっぱりペンを抜いたらすぐにペンで書ける画面オフメモは最高ですね。
ペンはWACOMの技術を使っているだけあって
ペンでの書き心地もすごく良かったです。これだけでも欲しくなりました。

PA280365
エアコマンドの翻訳とかはその場ではいまいち使い方がわからなかった。

PA280372
APPS EDGEでサイドからメニューが引き出せ、App Pairで2つのアプリを同時起動できるのも良いですね。

PA280590
YouTube+ブラウザを立ち上げてみました。

PA280595
そしてカメラもとても綺麗。ライブフォーカスで背景をぼかすのも簡単。

PA280598
撮影後にボケ具合を変更できるのも面白いですね。

PA280376
DeX Stationも展示されていました。

PA280558

PA280277
少し触ってみただけですが、以前のNoteシリーズと比較してもかなり使用感が良くなっている印象でした。

次はGalaxy周辺機器の話に続きます。

思いついたらペンを抜け by 山根博士 Engadget Galaxy Note8 降臨祭 #GalaxyNote8 #fes” への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。