P4234673

アイロボットファンプログラムでモニターしているルンバj7+。約1ヶ月経ちましたので、スマホアプリ連携や使ってみた感想について描きたいと思います。ルンバはスマホアプリ連携しなくてもボタン押すだけで使えるのですが、障害物回避などの機能を使うには一度はアプリに接続する必要があるそうです。

Screenshot_20220320-170336_iRobot

アプリへのロボットの登録は、Bluetoothを使って近くにあるRoombaを見つけてくれるので、設定に進みます。

Screenshot_20220320-170426_iRobot

Roomba j7+はボタン一つになったので、ボタンを押して接続。Wi-Fi設定などを行います。

Screenshot_20220320-170437_iRobot

あとは少し待つだけ。

Screenshot_20220320-170506_iRobot

接続完了。名前をつけます。

Screenshot_20220320-170756_iRobot

清掃するボタンを押して清掃開始。

Screenshot_20220321-233218_iRobot

清掃が終わると通知が来て、履歴から清掃の状況が把握できます。
以前の機種では何回か清掃しないとマップができない印象でしたが、1度の清掃でマップが作成されました。

Screenshot_20220327-164445_iRobot

1度目の清掃ではダイニングエリアに行ってくれなかったので、ルンバをそこに運んで清掃させると、ちゃんとマップを統合してくれました。
また、その次の清掃ではカーペット・ラグエリアが追加されたり。

Screenshot_20220403-105146_iRobot

「清掃が完了し、ダスト容器が空になりました」のところを開くと、

Screenshot_20220403-105225_iRobot

清掃面積や時間等が確認できます。
さらにスマートマップをカスタマイズできるようになっていたので、カスタマイズします。

Screenshot_20220403-105540_iRobot

カスタマイズでは部屋を分割したり、進入禁止エリアや部分清掃エリアを設定したりできます。

Screenshot_20220416-161400_iRobot
このあと、マップに立方体が表示されるようになったのですが、何だろう?障害物かな?
Screenshot_20220416-161430_iRobot

詳細を開いても「Something went wrong. Obstacle area review will normally appear here.」と出て来ます。何が悪いのかわからないので解消できず…

Screenshot_20220423-203701_iRobot

清掃モードの設定では、走行回数、ダスト容器の設定、障害物検知があります。

Screenshot_20220423-203646_iRobot
そんなに清掃頻度が高くないので、走行回数を「部屋の大きさに合せて清掃」にしました。小さい部屋は2〜3回念入りに清掃してくれるようになりました。

ちょっとアプリ上に英語でメッセージが出たり、不具合があったりするみたいで上手く使えていない感じです。Amazon Alexaとの連携もアカウントをリンクしてくださいというエラーでできませんでした(リンク済みなのですが…)。今までも別のルンバを使っていたための問題かもしれません。まあ、清掃は普通に使えているので良いのですが。

あと、スケジュール機能などもあるのですが、うちの場合まず床に置かれているものを片付けるところから始めないといけないので、自動で清掃開始するという感じではなく、片付けてから清掃開始という感じの使い方になっています。

P4164086

期待の新機能障害物回避は便利ですね。充電コードなどがいっぱいあるエリアは、今まで何もしなかったらコードを巻き込んで停止してしまっていたりしていて、進入禁止エリアに設定していたりしたのですが、本機では設定しなくても大丈夫になりました。

P4164088

ルンバ走行中にイヤホンを落としてみてもちゃんと回避していました。
さらにアップデートで、衣服やタオルにも対応したそうですよ。

モニター期間はあと1ヶ月ちょっとあるので、またレビューしたいと思います。