P1070421.JPG
先日、銀座ソニービルでHDR-TD10を借りてきたついでに、ソニーとして初となるバランスドアーマチェア(BA)ドライバー搭載のカナル型イヤホンの音を試聴してきました。
中でもXBA-4SLの音には驚きました。BAなので繊細で綺麗な音が聴けるのは当然ですが、非常に迫力ある低音が鳴っており、クラシックなどを聴いた時の表現力はすごいと感じました。


P1070424.JPG
P1070425.JPG P1070426.JPG
XBA-3SL, XBA-2SL, XBA-1SLも繊細で美しく鳴るのですが、XBA-4SLと比較してしまうと低域に物足りなさを感じてしまいました。
型番にある数字と同じ数のBAユニットを搭載し、イヤホンの背面にはその数の金色のマークがデザインされています。
XBA-1SL 5Hz〜25kHz, 7,455円, フルレンジ
XBA-2SL 4Hz〜25kHz, 18,375円, フルレンジ+ウーファー
XBA-3SL 4Hz〜28kHz, 24,675円, フルレンジ+ウーファー+トゥイーター
XBA-4SL 3Hz〜28kHz, 30,975円, フルレンジ+ウーファーx2+トゥイーター
という感じになっています。
選ぶならやっぱり低音までしっかり鳴るXBA-4SLかコンパクトでバランスの良いXBA-2SLかな。
Amazon: SONY 密閉型インナーイヤーレシーバー XBA-4SL XBA-4SL
Amazon: SONY 密閉型インナーイヤーレシーバー XBA-2SL XBA-2SL

コメントを残す