IMGP1234
昨日は、Ripreの紹介で高級筆記具ブランド「ウォーターマン」より新コレクション「ブルーオブセッション」の発売記念イベントに招待していただきました。
実は万年筆はほとんど使ったことがなく、「ウォーターマン」というブランドも知らなかったのですが(^ ^;)、じっくり話を聞かせていただいたり、試し書きさせて頂いたりしました。またフォトリアリズムアーティストDirk Dzimirsky氏によるライブドローイングも観ることができました。
【ウォーターマン】のイベントに参加中


IMGP1199
ニューヨークで保険外交員をしていたウォーターマンは、ペンからインクが漏れて契約書を汚してしまい、その間に契約を取られてしまうという経験から、世界で最初に毛細管現象を利用したペン先を開発。1883年にそれを万年筆に取り入れた「ザ・レギュラー」を発売。それから130年の歴史があるそう。
IMGP1204
世界初のクリップ付きキャップを開発したのもウォーターマン。
ウォーターマンのクリップは中空のデザインになっているそうですね。
インクカートリッジを開発したのもウォーターマンで当初はガラス製だったそう。
今はフランスが拠点で、生産もフランスで行っているそうです。
IMGP1159
ウォーターマンのブランドの象徴でもあるボトルインクのブルーのカラー。そのブルーの4つの新モデルを新コレクション「ブルーオブセッション」として新発売。
IMGP1189 IMGP1186
ウォーターマンマーケティングチーム関一瞳氏
「ブルーオブセッション」発売を記念したWATERMAN Blue Obsession Tokyo Exhibitionに参加させていただきました。
IMGP1193
フォトリアリズムアーティストDirk Dzimirsky氏が「ブルーオブセッション」を使って描いた作品だそうです。
IMGP1228
本当に細かなところまで良く表現されています。
IMGP1164
このアート作品の作品名を募集するキャンペーンが行われています。最優秀者には、彼のアート作品と「ウォーターマン」 のブルーオブセッション コレクションの一式が頂けるそうですよ。
IMGP1171
カレン
流線的なデザインが印象的です。
IMGP1201
ペン先は18金だそう。
IMGP1172
パーステクティブ
シンプルながら格好良いデザインですね。
IMGP1198
ペン先はステンレススチール
建築トレンドから発想したデザインだそう。
IMGP1147
エキスパート
これはいかにも万年筆って感じのクラシックなデザインですが、キャップのラインが印象的ですね。
IMGP1173
ペン先はステンレススチール
IMGP1195
メトロポリタン
細身でシンプルなデザインですね。
IMGP1203
ペン先はステンレススチール
IMGP1175
同じデザインのボールペンもラインナップされています。
IMGP1179
万年筆を選ぶのは実際使ってみて書き心地や持った感じを確かめるのが一番とか。
書き心地は「カレン」がなめらかで一番気に入りました。ちょっとした力の入れ具合で表現が変わるレスポンスがボールペンなどにはない万年筆の魅力かな。
IMGP1184
ペン先の堅さや幅などでフィーリングが変わり、使っているうちに少し削れたりして癖がつき、より自分にフィットするようになるのが万年筆の魅力だそう。だから万年筆は人に貸さないのだとか。
IMGP1239
この「ブルーオブセッション」を使って、どのように先ほどの写真のような作品を描くのか。Dirk Dzimirsky氏本人により実演されました。
IMGP1214
ライブドローイング中は弦楽四重奏の生演奏が行われていました。なかなかの雰囲気です。
IMGP1238
本当に写真を見ながら一本一本線を描いているだけなのに見事に写真を再現しています。

IMGP1229 IMGP1251
IMGP1249
IMGP1176 IMGP1154
IMGP1254 IMGP1261
会場にはブルームーンというビールがあったり。
IMGP1178 IMGP1258
レアル・マドリード公式ミネラルウォーター「ソラン・デ・カブラス」だそう。これも青が印象的ですね。
IMGP1264
お土産にHemisphere fountain pen(万年筆)を頂きました。万年筆に興味がでてきましたので、ぜひ愛用してみたいと思います。
ウォーターマン、Ripre、参加ブロガーの皆様、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です