P2196884

アイロボットファンプログラムでアイロボット30周年特別イベントに参加させていただきました。イベントではアイロボットの創設者・CEOであるColin Angle氏より最新のロボット掃除機「Roomba s9+」の発表がありました。

P2196836

Colin Angle氏が夢見てきたロボットの活躍する世界

P2196839

その世界の実現に向けアイロボットが研究開発してきたロボットたち。

P2196811

1991年に開発したアイロボット初のロボット「Genghis」は、昆虫をイメージした6本足の自足歩行型地球外探査ロボット。
他にも福島第一原発で活躍したPackBotなども開発。
テレプレゼンスロボットも手掛けています。

P2196844

アイロボットは今年で30周年。日本で300万台、世界で3000万台のロボットを販売。

P2196849

アイロボットは今は世界一の家庭用ロボット企業となっています。

P2196850

最初のルンバは2002年に初の家庭用ロボットとして誕生。

P2196853

それから徐々に進化していきます。

P2196806

第2世代Roomba Discoveryは自動で部屋の大きさを判断するので、部屋の大きさを指定する必要がなくなった。

P2196804

2007年のRoomba 500シリーズ。自動充電、スケジュール機能でベストセラーに。

P2196856
P2196801

2015年のRoomba 980。vSLAMによるナビゲーションやスマホアプリ「iRobot Home」に対応。私のルンバとの出会いもRoomba 980になります。

P2197104

さらに2019年はRoomba i7+とBraava jet m6で自動ゴミ収集や拭き掃除連携まで実現。

P2196925

アイロボット30周年の2020年に満を持して登場するのは「Roomba s9+」。

P2196886

部品など一から見直して再設計。

P2196889

まずはデザインを上質なものに。

P2196894

vSLAMナビゲーション、スマホ連携、クラウド連携などは踏襲し、前面に3Dセンサーを搭載。形は前方が四角、後方が円の前方後円墳形になっています。

P2196897

スケジュールで自動で掃除

P2196899

ゴミ収集も自動で

P2196901

vSLAMとAIを組み合わせ、掃除しているうちに間取りをしっかり認識。
掃除したい部屋ごとにスケジュール指定して掃除できます。

P2196903

汚したときはすぐに掃除することも可能。

P2196905

AIスピーカーとの連携ですぐに掃除を指示できます。

P2196909

さらにソフトウェアをアップデートすることで機能追加も可能。
スマホアプリ上で進入禁止エリアを指定することなども実現。

P2196914
P2196916

ブラシや空気の流れを再設計することで史上最大の吸引力を実現。

P2196917

ルンバ600シリーズ比で40倍もの吸引力を実現。

P2196921

本体とダスト容器の密着度を上げたり、高性能フィルターで99%の花粉やカビなどのアレルゲンを99%密封。

P2196926

Roomba i7+同様Braava jet m6と連携して掃除することも可能です。

P2196931

将来は、様々な家庭の機器と連携してさらに便利な生活を目指している。

P2196938

ルンバやブラーバ、芝刈り機などが連携して家の掃除を行うだけでなく、

P2196941

毎日のルーティーンを管理して、生活の見守りをしたり、

P2196945

戸締りや照明などを管理して安心・安全な生活を実現したり。

P2196947

AIや音声認識、空間認識と機器が連携することで、

P2196948

家を最高のマジカルパートナーに、というのがアイロボットの目指す世界です。

P2196950
P2196952
P2196953
P2196956
P2196966

次はアイロボットジャパン合同会社 プロダクト&マーケティングストラテジー部 山内 洋部長および引野 元社長より詳細なRoomba s9+の説明。

P2196971

床の素材を確認してカーペットでは吸引力を自動でアップして奥に潜むゴミ・ホコリを強力に吸引。逆にフローリングでは吸引力を抑えてバッテリーをセーブ。
前面が四角になり、そこにデュアルアクションブラシを配置することで、幅が従来より30%ワイドに。一気に掃除できるエリアを拡大。

P2196975

前面の高機能センサーが壁の位置を認識して、壁際までしっかりと清掃。5本のアームになったコーナーブラシを前面の隅に配置することで、壁際のゴミをキャッチ。

P2196978

クリーンベースで自動でゴミ収集し、自動充電・再開するので、広い家でも掃除可能。

P2196979

特殊素材のダストカットフィルターでカビや花粉、ホコリ、ダニなどのアレルゲンを99%捕捉。

P2196982

vSLAMによって正確に部屋のマップを生成。

P2196985

それぞれの部屋に最適なパターンで清掃します。

P2196996

ルンバ s9+の清掃後にブラーバm6の拭き掃除を開始することが可能。

P2197000

プロセッサーなどは掃除にはオーバースペックだが、今後のアップデートで機能を追加できる余裕を持たせている。

P2197001

継続的にソフトウェアアップデートする予定。

P2197017

Roomba s9+は、2/28発売。169,800円(税別)。

P2197019

3/31までは、Roomba s9+とBraava jet m6がセットで、219,800円(税別)。
最新の自動ゴミ収集と自動拭き掃除が実現できるまさにPerfect Cleaningのためのセット。

P2197021

現在のルンバのラインナップ。
予約・購入はアイロボットストアで。

P2197035

ルンバがどれだけ使えるか分からないので不安という人のために、ロボットスマートプランというサブスクリプションでルンバを利用できるサービスも展開中。継続利用意向率は98%だとか。

P2197029

アイロボットジャパンは「ロボット掃除機一家に一台」宣言を実施。

P2197037

現在の世帯普及率は6.3%で順調に上がってきています。

P2197002

機能を提供するのでなく、お客様が望む体験を提供することを目指している。

P2197041

ロボット掃除機を使うことで、家族の笑顔が増えた、夫婦のけんかが減った、趣味に使える時間が増えたなどの顧客体験を。

P2197043

ロボットがQOL(生活の質)を変えていきます。

P2197045

提供するのは掃除機だけでなく、その顧客体験。というのがアイロボットのメッセージでした。

Roomba s9+の動作デモ。非常に狭い隙間に入り込んで掃除してもちゃんと抜け出せますし、壁際までしっかりと掃除できます。

P2197071

真ん中の蓋はブラーバm6のようなデザインですね。

P2197074

蓋を開けると給水タンクではなく、ダストボックスがあります。

P2197076

普段は自動ゴミ収集で取り外す必要もないですが、

P2197079

ゴミ箱アイコンのボタンを押すと

P2197082

ダストボックスの底が開きます。ダストボックスのメンテナンスも楽そうですね。

P2197089

幅が30%大きくなったデュアルアクションブラシと隅に配置されたコーナーブラシ。

P2197067

Roomba i7+との底面の比較。構造がかなり変わっているのが良くわかります。

P2197050

自動ゴミ収集の様子はi7+と同じ感じですね。

P2197102

30年のロボット技術の集大成の「Roomba s9+」。とても良さそうですね。
なんと3か月ほどモニターさせていただけるそうです。またその体験をレポートしたいと思います。

P2196822

歴代ルンバのガシャポンのセットをお土産に頂きました。これもうれしいですね。
1/7スケールのカプセル玩具でプルバックで動き、方向転換までする優れものです。
Roomba s9以外は全国のカプセル自販機で1回300円で販売中です。

200219_irobot

このような企画に参加したりできる、アイロボットファンプログラムはこちらから登録できます。

アイロボットのColin Angle氏はじめ、アイロボットの皆様、参加の皆様、ありがとうございました。

1件のコメント

  1. ピンバック: デザインが良くなった最新・最強ルンバ「Roomba s9+」到着 #アイロボットファンプログラム #モニター #iRobotの技術が生んだ掃除の進化 | Digital Life Innovator

コメントは受け付けていません。