3dshotcam2.jpg

タカラトミーが面白い3Dデジカメ3D Shot Camを発表しました。
3Dデジカメと言えば、FinePix Real 3Dが有名ですが、その3D写真は3D液晶や3Dテレビ、特殊なプリントで楽しむものという常識を覆し、アナログなビューアでステレオ写真を楽しむことで手軽におもちゃ感覚で楽しめます。2011年春の発売予定らしいですが、価格はなんと5,980円。


3dshotcam.jpg

写真を撮影しL版で印刷すると左右用の二つの映像がレイアウト出力され、上下を切り取ってビューアにセットすると立体的に見えるという仕組み。慣れればビューアなくても立体的に見えるかも。
カメラ本体と専用レンズ付きビューア2枚が付属しているそうで、専用レンズ付きビューアは別売りで5枚セット980円で発売されるそうです。ビューアは平にするとポストカードサイズになるそうで、ビューア付きで3D写真を気軽にプレゼントできるのが魅力ですね。
この商品は、同志社大学の授業の中で出された学生の企画を実現したものだそうです。そういうストーリーも良いですね。
サイズは55×142×30mmで約100g。単4電池3本で動作し、解像度は30万画素。8GBまでのSDカードに対応。
pico.jpg

関係ないけど思いだしたのがPico。これはプロジェクター付きデジカメのコンセプトデザインですが、3Dデジカメこそこういうデザインだったら楽しいですね。

コメントを残す