DSC05552
初日に行ったCP+2015では、新製品なども色々試すことができました。
まずは、CANONブースで6月発売予定のEOS 5Ds / 5Ds Rのタッチ&トライ。私はプレミアタイムの最初に行ったのであまり並ばずに済みましたが、その後はかなりの行列になっていました。


DSC05556
EOS 5Ds / 5Ds Rの両方が用意されています。ほぼ同じで違いは5Ds Rの方がローパスフィルターの効果を無効化するようになっている点のみ。
5060万画素の高解像度イメージセンサーを搭載した高級機で高嶺の花ですが、使ってみた感じでは7D Mark IIなどと同じような感じで撮影できますね。
DSC05553
さすがに背面液晶ではその解像感はよく分かりませんでしたが、どんな高解像度な写真が撮影できるのか気になりますね。
DSC05567
こちらは参考出展のPowerShot G3 X。
DSC05570
24-600mm相当の光学25倍ズームレンズと1型センサーを搭載する高倍率プレミアムコンパクトカメラです。開放F値は未公開。
DSC05573
EOS M3と同様にグリップもしっかりしてそうです。
DSC_7235
カメラから直接NFCやWiFiで写真・動画を取り込める1TBのフォトストレージConnect Station CS100。
DSC05664
EOS M3については、先日じっくり触ることができました
DSC05587
RICOHブースでは、3/6発売予定のPENTAX K-S2のタッチ&トライができました。
防塵・防滴仕様のデジタル一眼レフカメラとしては世界最小で、キットレンズのsmc PENTAX-DA L18-50mm F4-5.6 DC WR REも収納時にはパンケーキレンズのようにコンパクトになります。
DSC05590
レンズを使用するときにはボタンを押してレンズを回さないといけないのはちょっと面倒ですが。
DSC05585
サクサク撮れて良い感じ。バリアングルモニター搭載ですがタッチパネルではないです。Wi-FiやNFCにも対応。
DSC05592
A-HDRモードで撮影してみました。
DSC_7319
こちらはPENTAXのフルサイズ機の参考出展。まだモックですが、思ったよりはコンパクトですね。
DSC05666
DSC05669
DSC05674
DSC05583
DSC05596
SIGMAブースには2/10に発表されたばかりのdp0 Quattroのモックが展示してありました。
14mm(35mm判換算で約21mm)の超広角レンズを搭載したdp Quattroシリーズの新しいモデルですね。
DSC05597
DSC05600
DSC05603
同じく2/10に発表されたSIGMA 24mm F1.4 DG HSM | Artも。こちらは撮影体験もできました。
DSC_7396
DSC05637
OLYMPUSブースではOLYMPUS Air A01が展示されていました。マイクロフォーサーズのレンズが使えます。
DSC05636
スマートフォンのアプリと連携したり自由にカスタマイズしたりして新しい写真体験を開拓するオープンプラットフォームカメラというコンセプトでSDKなどが公開されています。
DSC05633
スマートフォンを背面にくっつけて撮影したり、
DSC05639
離れた位置の映像をリアルタイムに飛ばしたりできます。
DSC05635
DSC05628
こんなカスタマイズも可能。
DSC05641
OM-D E-M5 Mark IIの体験もできました。これも良いですね。
DSC05643
DSC05644
P2120006

OLYMPUS IMAGING CORP. E-M5MarkII,OLYMPUS M.14-150mm F4.0-5.6 II,0.013 sec (1/80),f/5.5,ISO1600,0 EV,[original]

DSC05650
FUJIFILMブースでは、新発売のX-A2やXQ2などを試してみました。
X-A2ではバリアングルで自分撮りも可能に。
DSC05655
X-A2の新キットレンズXC16-50mmF3.5-5.6 OIS Ⅱは、最短撮影距離15cm(レンズ前から約7cm)からマクロ撮影可能に。
DSC05652
今までFUJIFILM Xシリーズで不満だった寄れないが改善されました。もちろんこのレンズはA2以外のレンズ交換式のXシリーズでも使うことができます。
DSC05651
DSC05657
XQ2はフィルムシミュレーションモードに新たに「クラシッククローム」が加わった程度の違いでほとんど変わらないとのこと。
DSC05658
DSC05660
DSC05661
X-A2とXQ2の撮影データの持ち帰りは不可。
DSC05685
XF 16-55mm F2.8 R LM WRやXF50-140mmF2.8 R LM OIS WRのF2.8通しの新しいレンズもX-T1につけて試すことができました。
DSC05689
DSCF9892

FUJIFILM X-T1,XF16-55mmF2.8 R LM WR,83 mm(35mmF), 0.017 sec (1/60),f/2.8,ISO250,0 EV,[original]

DSCF9904

FUJIFILM X-T1,XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR,210 mm(35mmF), 0.017 sec (1/60),f/4.0,ISO400,0 EV,[original]

DSC_7336
Panasonicブールの注目はLUMIX DMC-CM1ですが、こちらも先日触ることができましたので、
DSC05679
もう一つのアピールポイント4K PHOTOをLUMIX DMC-FZ100で体験しました。
DSC05680
4Kビデオを撮影して、そのビデオから切り取りたい瞬間を写真として保存するというものです。
DSC05682
4Kだと写真としても十分きれいなので良いですね。
DSC_7153
NIKONブースでは、5月下旬発売予定のD810Aが参考出展されていました。天体撮影専用超高精細デジタル一眼レフカメラとか。天体撮影してみたい。
DSC_7283
SONYブースでは開発中のFEレンズが4本ほど参考出展されていました。
DSC_7292
DSC05627
DSC05605
CASIOブースではレンズ部とモニタ部が分離できるEX-FR10が展示されていました。
DSC05604
もちろんくっつけて使うこともできます。
DSC05607
レンズ部は自立させることができます。一脚などで高い位置から撮ることも可能。
DSC05608
モニタ部にはBluetoothで常時接続され、モニタ部で記録されるそう。
DSC05610
タブレットに転送することも可能。
DSC05612
ウェアラブルカメラ&モニターとして使えるそう。
DSC05615
EX-ZR1600はハイスピードが売りのデジカメですが、今回は自撮り推し。
DSC_7222
先日体験したLYTRO ILLUMも出ていました。
DSC_7356
その他、ドローン初め、撮影関連機材なども豊富に展示されていました。
各ブースで行われている写真家の方々のセミナーもとても興味深かったり、ブースに展示されている作品や、知り合いの方が沢山出展されている御苗場での作品などにもとても刺激を受けました。写真が撮りたくなりますね。
CP+2015は2/15までパシフィコ横浜で開催していますので、興味ある方は行ってみてください。サイトで事前登録すると無料で入れます。
CP+2015のコンパニオンさんたちの写真はこちら

1 のコメント

  1. ピンバック: CP+2015で展示された話題の新製品 | ブロガーセレクション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です