fes2007.jpg国立新美術館で開催されている文化庁メディア芸術祭に子供連れで行ってきました。
アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの文化庁メディア芸術祭受賞作品の展示および学生CGコンテスト受賞作品、先端技術ショーケースなどがありました。
アート部門では、特にSe Mi Sei Vicinoビュー・ビュー・Viewなどのインタラクティブアートが面白かったです。こどもたちはSlot Machine Drawingにはまっていました。ろくろを使った絵付けやパラパラマンガを思い起こさせる絵画ソフトで綺麗で動的な模様を簡単に作成できます。展示されていたものとは少し違いますが、ここからJavaのアプリをダウンロードできます(Macでも使えます)。

DSC03730.JPGエンターテイメント部門では、おなじみのWii SportsやMETAL GEAR SOLID 4なんかが展示されていました。試遊台で遊ぶこともできます。変わったものでは、匂いをかがれるかぐや姫 〜日本昔話Remix〜なんてのも面白かったです。
アニメーション部門ではうっかりペネロペが子供達のお気に入りでした。
メインシアターでは、日清カップヌードルのプロモーションで制作されCMでも流れているFREEDOM1-6全話が大画面ハイビジョンで上映されており、見入ってしまいました。6話が終わっても物語が完結していないし、CMで流れていたシーンも無いなあと思っていたら特別編としてFREEDOM SEVENが作成されているのですね。
学生CGコンテスト作品では、インタラクティブ作品の邂逅 わくらばが面白かったです。砂利の上を歩くと5秒くらい遅れて足跡の砂利が動きます。
先端技術ショーケースは名前の割には小さなスペースに4作品しかなく残念でしたが、光るゴムボールで遊べる「跳ね星」が面白いらしく、こどもが2人でずっと遊んでいました。
入場無料ですがかなり楽しめました。主にFREEDOMを見ていたせいですが4時間以上いたので帰りは夕暮れに。
2/17(日)まで開催されていますので、気になる方は行ってみては。

» 文化庁メディア芸術祭
» 文化庁メディア芸術祭特設ブログ
DSC03733.JPGFREEDOM 5

1 のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です