やはりモノフェローズセミナーでお借りしているCASIO HIGH SPEED EXLIM EX-FC100の貸し出し期限が来たので、使ってみた感想を書きたいと思います。
やはり面白いのが超高速30枚連写ですね。被写体が動いていたりして本当にシャッターチャンスが難しいようなシーンでも30枚も連写すれば数枚よく撮れていたり面白かったりするのがあったりします。
動き回る子供を写真を撮るからと止まらせるのでなく、そのままの良い表情を撮るのにとっても良かったです。
FC10010.jpg

みんぽすこのレビューはWillVii株式会社運営の国内最大級家電・PC・携帯・ゲームレビュー・クチコミサイト「みんぽす」から、「モノフェローズ」として...

  • 商品を無償でお借りして、レビューを掲載しています!
  • ブロガーへの報酬、指示は一切ないので、完全に中立なレビューです!

「モノフェローズ」サービスに興味のある方はこちら


高速連写をスライドショーで見るとこんな感じになります。ある程度の明るさがあれば1枚1枚がとても綺麗に撮影できます(暗いとやはりざらついた画になってしまいますが)。

モデルはダイナミックフォト撮影に協力頂いた友人です。
また、ハイスピード動画も面白い。特に30-210fpsで通常速度とハイスピードを切り替えながら撮影し、タイミング良くスローにするととても印象的な映像になります。
スポーツをする姿を撮ると動きが良く分かります。

新幹線(長野新幹線)から外を撮影しても30fpsと210fpsとではこれだけ見えるものが違います。

スキー場も時間が止まります。

そり滑りもこれだけゆっくりになります(もともとそれほど速くはないですが)。

脈絡もなく撮影したHS動画をサンプルとして載せてみましたが、こういった映像がコンパクトデジカメで撮影できるのは楽しいですね。モデルになってもらった友人もHS動画はかなり驚いて興味を持っていました。
正直、写真の写りはEX-Z400の方が良いと思いますが、高速連写、HS動画という他にはない(今のところ)魅力を持ったデジカメですので、子供やペットを撮る人、スポーツを撮る人には良いのではないでしょうか。
関連記事
写真の撮り方が変わるハイスピードがコンパクトに HIGH SPEED EXILIM EX-FC100セミナー
スローでしか見えない技をHS動画で CASIO EX-FC100
特殊機能だけじゃない 普通の写真を撮り比べ EX-FC100 vs EX-Z400
独創的な商品開発でデジカメの新しい世界を切り開く カシオ・モノフェローズセミナー EX-FH20
高速連写中間でのシャッターと撮影時タイムリマップ CASIO EX-FH20 レビュー
一瞬を感動に CASIO EX-F1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です