P9070027

アイロボットファンプログラム「掃除の常識を変える」シークレットファンミーティングで、モニターさせて頂いている床拭きロボット「ブラーバジェットm6」とロボット掃除機「ルンバi7+」
スマホアプリ「iRobot Home」と連携して、とても自由度高く使うことができます。そのアプリ導入と設定、使ってみた様子などを書きたいと思います。

Screenshot_20190828-121513_Google Play Store

まずはGoogle PlayApp Storeで、無料の「iRobot Home」アプリをインストールします。

Screenshot_20190828-121655_iRobot

言語などを設定した後、iRobotアカウントを作成します。(すでに作成済みの場合はログイン)

Screenshot_20190828-121904_Package installer

スマホの位置情報へのアクセス許可を求められますが、これはBluetoothでRoombaやBraava jetに接続するときのセキュリティのためだそう。

Screenshot_20190828-121921_iRobot

持っているロボットを追加します。ルンバi7+とブラーバジェットm6を追加してみました。

Screenshot_20190828-121933_iRobot

まずは、ルンバi7+を登録。Wi-Fiが必要となりますので、そのパスワードを確認しておきます。

Screenshot_20190828-122000_iRobot

名前の登録。ペットのように可愛い名前を付けてあげても良いですね。私はそのまま「Roomba」に。

Screenshot_20190828-122035_iRobot

スマホが接続しているのと同じWi-Fi APで良ければそのまま継続。違うAPが良ければ変更するを押して切り替えます。

Screenshot_20190828-122124_iRobot

CLEANボタンの周りにあるホームボタンとスポットボタンを同時に2秒長押しすると音が鳴るので、ボタンを押しましたをチェックして、次へを押します。ルンバがスマホから見つかります。

Screenshot_20190828-122240_iRobot

ルンバがWI-Fiにつながってクラウドに接続できるようなるまでしばらく待ちます。

Screenshot_20190828-122259_iRobot

最新のソフトウェアがあれば更新できます。

Screenshot_20190828-122309_iRobot

更新中のアニメーションもかわいい。

Screenshot_20190828-123328_iRobot

以上で設定が完了です。

Screenshot_20190828-123458_iRobot

ブラーバジェットm6もほぼ同じ手順で設定できます。
絵がちゃんと違うのが良いですね。

Screenshot_20190828-123754_iRobot

設定完了しました。ヒビみたいな絵は何だろう?

Screenshot_20190828-123335_iRobot

ルンバi7+のメイン画面。真ん中に「CLEAN」ボタンがあり、これを押すと掃除を開始できます。家の中でも外からでもコントロール可能です。スケジュール設定して起動することも可能。
動作状況もこちらで確認できます。

Screenshot_20190828-123803_iRobot

ブラーバジェットm6のメイン画面。ルンバとほぼ同じですね。
モップの種類や状況も表示されています。

Screenshot_20190828-123820_iRobot

ルンバとブラーバの画面はメニューで切り替えることができます。

Screenshot_20190828-123900_iRobot

ルンバのCLEANボタンを押すとこのような画面に。そのまま「すべて清掃」を押しても良いですが、「後で拭き掃除する」を押すと、

Screenshot_20190828-123916_iRobot

ルンバとブラーバが出会います。

Screenshot_20190828-123943_iRobot

ルンバが掃除したあと、続けてブラーバジェットが拭き掃除するという連携ができます。

Screenshot_20190828-123957_iRobot

最初はブラーバジェットのパッドやタンクの水など、ちゃんと準備できているかの確認が出ます。

Screenshot_20190828-133631_iRobot

メイン画面にあるスマートマップを押してスマートマップをアクティブ化できます。(アクティブ化しないとマップは作られません)

Screenshot_20190829-172145_iRobot

1回目の掃除が終わるとマップ作成は50%になりました。

Screenshot_20190829-190511_iRobot

2回目で90%。ルンバが動いた状況でマップが変化します。

Screenshot_20190830-185630_iRobot

3回目でマップが完成しました。障害物が多くてルンバが入れないところが多いので変な形ですが、ほぼルンバが動いたエリアを正確にマップ化しています。
部屋を区切って、特定の部屋のみ掃除したりといった細かな設定も可能。(うちは狭いのでそこまでの必要性を感じませんが)

Screenshot_20190907-104547_iRobot

掃除が終わると履歴でどこを掃除したか色を塗ったマップを確認できるので、とてもわかりやすいし面白いですね。

Screenshot_20190829-161925_iRobot

ブラーバジェットm6も同じスマートマップ機能を持っています。同じマップを使うのではなく、独立して作成するみたいですね。まあ、ブラーバジェットが使えるエリアとルンバが動けるエリアは違うので当然といえば当然ですがl

Screenshot_20190830-190739_iRobot

ブラーバジェットも同じく3回でマップが作成できました。

Screenshot_20190907-165656_iRobot

同じく履歴で拭き掃除できたエリアを確認できます。

Screenshot_20190901-103400_iRobot

ブラーバジェットはほぼ途中で止まることはないのですが、ルンバはエクストラクターやタイヤに変なものを巻き込んだりして止まってしまうこともあります。そんなときにはスマホに助けを求める通知が来ます。ルンバが見つからない場合は音を鳴らして位置を確認することもできます。

Screenshot_20190907-180714_iRobot

ルンバの清掃モードは自動になっていますが、1回走行するか2回走行するかを設定することもできます。

Screenshot_20190907-180523_iRobot

ブラーバの水拭きモードもデフォルトでは「徹底クリーン」というのになっていますが、より清掃力に特化した「ディープクリーン」モードや広範囲を清掃する「拡張クリーン」モードを選ぶこともできます。ジェットスプレーの水量も設定できます。

P9070031

ルンバi7+がじっくり掃除してクリーンベースに戻ってゴミが吸い上げられ、次にブラーバジェットm6が出動していく連携は見ていても面白いですね。ルンバのクリーンベースの紙パックもかなりの回数のゴミを溜められるし、ブラーバジェットm6の水のタンクも何度も使える量の水が入るのでそのまま使っていても大丈夫。ウェットシートだけがそのまま放置すると臭くなるので、適度に水洗いして干してあげる必要がありますが、それ以外はほぼ自動。

iRobot Homeアプリで強くなったルンバi7+とブラーバジェットm6のタッグはやはり最強ですね。


ブラーバジェットm6 アイロボット 床拭きロボット マッピング 水拭き Wi-Fi対応 遠隔操作 静音 複数の部屋の清掃可能 m613860 ホワイト【Alexa対応】


ルンバi7+ アイロボット 最新のロボット掃除機 自動ゴミ収集 水洗いできるダストボックス wifi対応 スマートマッピング 自動充電・運転再開 吸引力 カーペット 畳 i755060 チャコール【Alexa対応】