PA052120

アイロボットファンプログラム「掃除の常識を変える」シークレットファンミーティングで、モニター中の床拭きロボット「ブラーバジェットm6」とロボット掃除機「ルンバi7+」前回はスマホアプリ「iRobot Home」について書きましたので、今回はAmazon EchoやGoogle Homeといったスマートスピーカーとの連携で、声で掃除をしてもらうスマートホーム体験をしてみました。

Screenshot_20190828-133847_iRobot

iRobot Homeは、Amazon AlexaやGoogle Assistant, IFTTTといったサービスと連携させることができます。

Screenshot_20190828-133941_Amazon Alexa

Amazon Alexaの場合は、Amazon Alexaアプリを立ち上げて、スキルメニューでiRobotを検索します。

Screenshot_20190828-134008_Amazon Alexa

iRobot Homeスキルを有効にして、iRobotアカウントにリンクします。

Screenshot_20190828-134413_Amazon Alexa

RoombaやBraava jetがデバイスに追加されます。

PA141541

「アレクサ、ルンバで掃除して」と言うと、対話型でルンバで掃除したらブラーバジェットで拭き掃除するかとか、どの部屋を掃除するかなど対話で聞いてきて、ルンバがスタート。

PA141544

色々な言い方で、ルンバやブラーバジェットを細かくコントロールできるようです。

PA141548

スキルの評価まで確認されました(笑)

Screenshot_20190828-134525_Home

Google Assistantの場合は、Google HomeアプリでiRobotを接続します。

Screenshot_20190828-134558_Google

iRobotアカウントをリンクして、部屋を割り当てて完了です。

Screenshot_20190828-134609_Google
Screenshot_20190828-134637_Home

RoombaやBraava jetが追加されました。

PA141552

Google Homeに「OK, Google. 掃除して」と言うと、ルンバとブラーバジェットの連携掃除が開始されました。
こちらは色々聞かれないので簡単ですね。

PA052122

もちろん様々な言い方で細かくコントロールすることもできます。

PA052129

ルンバの掃除が終わるとブラーバジェットへバトンタッチ。
「掃除して!」との一言で文句も言わずに黙々と掃除してくれるのは、とても嬉しいですね。

Screenshot_20191014-091823_iRobot

もう一つ、スマートマップについて。
ルンバやブラーバジェットが作成したスマートマップは境界線を引くことで部屋を区切って、

Screenshot_20191014-092015_iRobot

名前をつけることができます。
この部屋の名前で一部の部屋の掃除の指示が可能です。

Screenshot_20191014-092035_iRobot

さらにアップデートで進入禁止エリアの指定がスマートマップ上でできるようになりました。

Screenshot_20191014-092124_iRobot

試しに赤い部分を進入禁止エリアとして設定してみました。

Screenshot_20191014-101005_iRobot

確かに動いた軌跡で、進入禁止エリアには入っていないようです。バーチャルウォールを設置しなくても入っていって欲しくないところを設定できるのは便利ですね。

Screenshot_20191014-103041_iRobot

ルンバとブラーバジェットのスマートマップは別なので、両方部屋を区切ったり進入禁止にしたりするには両方のマップで設定する必要があります。

この他、ルンバ900シリーズとブラーバ ジェットm6も連携可能になりました。アプリの進化で機能拡張されていくのも嬉しいですね。

「掃除して!」で掃除してくれる快適さ。ぜひ体験してみて下さい。


ブラーバジェットm6 アイロボット 床拭きロボット マッピング 水拭き Wi-Fi対応 遠隔操作 静音 複数の部屋の清掃可能 m613860 ホワイト【Alexa対応】


ルンバi7+ アイロボット 最新 ロボット掃除機 自動ゴミ収集 水洗いできるダストボックス wifi対応 スマートマッピング 自動充電・運転再開 吸引力 カーペット 畳 i755060 【Alexa対応】